なんだか薄毛の心配がある、AGAという病気もあるらしい、そんな不安を持つ人は多いでしょう。かくいう私もAGAにおびえる薄毛男性です。まずは敵のことを知らなければ始まりません。AGAについて一緒に学んでいきましょう。

鏡を見て、髪を気にする男性
鏡を見て、髪に悩む男性

AGAは一般的には特殊な症状と解釈されていますが、医学的には男性の薄毛の約7割は男性型脱毛症に分類できるものであるため、そういう意味では薬や自毛植毛によって約7割近くの人が症状を改善することができると言えます。
AGAは、薄毛の根本的な原因が男性ホルモンにあるということが医学的な見地から解明されている脱毛症状です。
そのため、その治療を行う際には根本的な原因である男性ホルモンに対する抑制を優先すれば比較的簡単に脱毛症状を止めることが出来ます。
例えば自毛植毛というのは、抜け毛の作用を引き起こさない後頭部の髪の毛が利用されますが、これは後頭部の髪の毛には男性ホルモンを受容する男性ホルモン受容体というものが存在しないからです。
男性ホルモン受容体が存在する髪の毛には、男性ホルモンの働きによって発毛を阻害する物質であるDHTという物質が生成されます。
しかし、後頭部などの一部の髪の毛に対してはこの受容体が存在しないので、どれだけ抜け毛の作用が生じたとしてもその物質を受け取るための器が存在しません。
そのため、男性ホルモン受容体に対する働きを無効化することによって抜け毛が生じることがなくなるわけです。
こうした医学的な見地から、自毛植毛や薬は男性型脱毛症に対する有効な手段と考えられていて、その原因から理にかなった治療方法が提案されていると言えます。
この治療に用いられる薬の中にプロペシアがあります。プロペシアについてですが、プロペシアは日本国内でも処方されるので安心できます。そして、一般的に薬や自毛植毛で治療できるAGAの症状というのは、AGAに関連する薄毛の症状にしか効果がないということも特徴です。
原因が男性ホルモンにありますのでそのホルモンの働きを抑えるための治療方法が主流であるため、クリニックではそれに対処するための療法が重視されているのです。
また、プロペシアと同じ効果ですが、値段が安いジェネリック治療薬もあります。 フィンペシアやエフペシア、フィナロ等がプロペシアジェネリックに該当します。
エフペシアやフィナロはプロペシアと同様に、成分のフィナステリドが配合されているので効果は期待できます。
また、ジェネリック医薬品なので安価で入手できるので、薄毛対策を継続しやすいでしょう。
さらに医薬品の通販サイトでもプロペシアジェネリックを取り扱っている場合があるため、その場合は処方箋無しで購入することができます。
ただし、基本的には個人輸入代行という形であり、購入と使用に関しては自己責任になる部分は致し方ありません。
ですから、通販サイトを選ぶときには口コミ評価などを十分に確認したうえで利用するのがおすすめです。
服用する際は必ず用法用量をしっかり守って服用しましょう。

▽通販でジェネリック医薬品をお得に買ってAGA治療始めませんか?
ジェネリックのエフペシアやフィナロの飲み方をチェック