なんだか薄毛の心配がある、AGAという病気もあるらしい、そんな不安を持つ人は多いでしょう。かくいう私もAGAにおびえる薄毛男性です。まずは敵のことを知らなければ始まりません。AGAについて一緒に学んでいきましょう。

鏡を見て、髪を気にする男性
  • ホーム
  • 脇毛やAGAの原因を抑制するノコギリヤシ

脇毛やAGAの原因を抑制するノコギリヤシ

髪を気にする男性

AGAが発症するメカニズムとして、男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素である5αーリダクターゼによってDHTに変換し、男性ホルモン受容体と結合することで脱毛因子が生成され薄毛が進行していきます。

5αーリダクターゼは、脇毛や前立腺、陰毛や後頭部や頭髪、皮脂腺などに存在する1型と前頭部や肝臓などに存在している2型が存在します。

AGAは前頭部や頭頂部などに起こりやすいことを考えると薄毛が進行しやすいのは2型といえますが、中には2型だけではなく1型の影響によって薄毛が進行してしまう人もいます。

プロペシアなどのAGAの抑制効果にある発毛薬には、還元酵素を抑制する作用でこれ以上薄毛が進行しないように食い止めていく効果がありますが、実はプロペシアに含まれる5αーリダクターゼ還元酵素を抑制するフィナステリドは2型のみの働きだけを抑制するので、1型の影響による薄毛には効果が期待できないことがあります。

しかし、同じく育毛効果が期待できるノコギリヤシは、2型だけでなく1型の5αーリダクターゼにも効果があるとされているのです。

もともとノコギリヤシは前立腺肥大の治療薬として用いられていたのですが、治療を行うにあたって使用者の中に体毛や頭髪が成長する症状が見られたことで育毛にもう効果があるのではと薄毛の対策としても用いられるようになりました。

ノコギリヤシが配合されているのはサプリメントのイメージが強いですが、チャップアップなどの育毛剤にも含まれています。

ただ、効果には個人差があるので中には全く効き目が実感できないという人もいますのでまずは一度試してみて自分には効果があるのか試してみるのも良いかもしれません。